美容師さんの一歩を建築コストの面から応援する、   東京で美容室を作り続ける矢口のブログ 

当ブログでは美容室の店舗設計施工を生業とし 開業の準備、日々のメンテナンス、相談対応などからの気づき、費用を抑える方法、開業の進め方のヒントを「業務をとおしての正直目線」で書き込みます。全てをワンストップで行なっているので、コスト的中抜きのない適正価格で工事費のコストダウン、 質のいい工事での品質アップ。とお手伝いができ変える事が出来ると信じています。★メール ⇨design@sputnix.main.jp ★LINE ID ⇨yaguchiyaguchi お気軽に! 会社のHP⇨ http://sput

BARBERSHOPの独立開業のお手伝い−2

打合わせの内容を頭の片隅におき、プランニングします。

入口右にレジカウンター、左に待合。

既存排水管の関係で、シャンプー台、ミラーの位置は決定。

詰めれば3台設置できますが、一人で経営するので2台で充分との事なので、ゆとりをもった配置。

建物奥は既存で間仕切りがあり、座ることができないトイレ、謎のスペースがあり、ここは解体し、ゆとりのあるトイレと新しい入口を設置し、動線の整理。

とシンプルな提案。

※正方形の建物より、鰻の寝床系の細長い建物の方が設計しやすいです。

f:id:tokeizikake:20190813225052j:plain

 

天井のスケルトンや床の打放し、壁のタイルのイメージが沸くように、pinterestで近いイメージを探して参考資料を作成。

www.pinterest.jp

f:id:tokeizikake:20190813225131j:plain

f:id:tokeizikake:20190813225147j:plain

f:id:tokeizikake:20190813225203j:plain

皆さんもpinterestで自分のイメージを保存しておくといいと思います。デザイナーや施主に伝わりやすいです。

外部もバランスが伝わる資料を添付。今回店舗のロゴ等は、施主の友人のデザイナーさんが作ります。

 

合わせて、概算見積もりも作成。銀行融資用の資料としても使うのでちょっと割増してます。(割増の理由:運転資金)

・仮設工事:25万 墨出しやゴミ処分費、クリーニング

・解体工事:15万 間仕切りと天井撤去

・軽鉄間仕切り工事:16万 天井や壁の作成

・木工造作工事:30万 床上げや巾木など

・建具工事:16万 ドア(クローク、スタッフルーム引き戸)

・家具工事:50万 レジカウンター、シャンプーバック什器

・金物工事:2万 見切りなど

・内装 塗装仕上げ工事:16万 

・内装 クロス仕上げ工事:14万

・内装 床仕上げ工事 :30万

・店内サイン、シート工事:15万

・外部工事:33万 

・電気工事:50万

・照明器具:25万

・エアコン工事:30万

・給排水衛生工事:55万

・諸経費:40万 現場諸経費、会社諸経費、交通運搬費

で、計460万+消費税36.8万 の500万の銀行用見積もりを。

 

施主の希望予算が、300万〜350万なので、現時点では150万円のオーバー。

 

ここから、施主のイメージを守りつつ、新たな提案をし(10年以上美容室を作っている経験を生かし)、3割近く予算を下げる作業を開始します。

予算に合わせた提案ができるのは、デザインと現場管理ができ、金額が頭に入っている私の強みです。

時間をいただき、改めて検討を開始します。